Charles F. Stead –英国のプレミア皮なめし工場

英国には皮なめし工場はほとんどありません。以前は300だったものから、今ではおそらく30まで一気に。最も古く、今でも家族経営の皮なめし工場の1つはチャールズF.ステッド1890年代から最高品質のスエードと革を生産しているリーズで。

マルテンス博士xチャールズF.ステッド1461スエード

私たちのほとんどに知られていない、チャールズF.ステッドスエードレザーは、市場で最も象徴的な靴のいくつかに使用されています。その無駄に続けるドクターマーチンSteadと提携して、象徴的な1461モデルの更新バージョンをリリースしました。



IMG_8264.jpgハンドブラッシング.jpg

Stead皮なめし工場では、新旧の機械を組み合わせて使用​​し、スエードと革のなめしの高い基準を実現しています。それはすべて、彼らが生産している製品に応じて、世界中で入手した革の選択から始まります。主に英国の革を使用して、プロセスは彼らがウェットブルーと呼ぶものを得るまで革を浸し、石灰を塗り、そして酸洗いすることから始まります。



DSCF2185.JPG
「ウェットブルー」レザーの保管

次に、新旧の機械を組み合わせてさまざまな工程を経て、革を大きな太鼓でなめし、馬に掛けて乾かします。なめし工程を経た細部へのこだわりと、深みのある豊かな色彩が実現しました。トップブランドがCharlesF.Steadをこれほど高く評価しているのも不思議ではありません。

ザ・イギリス製Dr. Martensのラインナップは、職人技に重点を置いており、1461の3アイシューズは、英国のスエードのテーパードラストをベースに作られています。使用されているステッドスエードは、通常の起毛レベルよりも高いため、柔らかく、表面がよりぼやけた仕上がりになります。



drmartens.com