クリードはニューヨークに家を建てています

パリを拠点とするメンズフレグランスハウスは、11月に67番街の角にある794マディソンアベニューに400平方フィートのスペースを開設するリースに署名しました。新しい前哨基地は、北米でクリードの唯一の独立した店舗になります。調香師のオリヴィエ・クリードとその息子のアーウィンが率いる同社は、パリとドバイの2か所でのみブティックを運営しています。

クリードのアメリカでの流通は非常に限られており、ニーマンマーカスの全店舗、バーグドルフグッドマン、サックスフィフスアベニューの26のドア、ブルーミングデールの2つのドア、ノードストロームの5つの場所で構成されていますが、米国の店舗を開く決定は厳密にブランディングに関するものであると同社は述べています。



「最も重要なことは、北米全体でブランディングの一貫性を確立し、ブランドのイメージを次のレベルに引き上げることです」と、クリードの米国とカナダの販売代理店であるInternational Cosmetics&PerfumesInc。の社長であるThomasSaujetは述べています。 「それは、地元の顧客だけでなく、海外の顧客にも信条を特定するでしょう。」



Sand Hill ResearchPartnersのアナリストMichaelTewは、この店の初年度の売り上げは1平方フィートあたり3,800ドル、つまり約150万ドルになると見積もっています。マディソンアベニューのスペースは、マンハッタンのダウンタウンやおそらくビバリーヒルズにあるものを含め、米国に来る追加のクリードストアのテンプレートとしても機能します。ロンドン店も計画されています。

「評価したら、多くの高級小売店が浸透している市場でさらに2つの小売店を運営することを検討し、積極的に取り組みます」と、2号店が来る可能性があると述べたSaujet氏は述べています。早ければ来年の春。



パリを拠点とするEZCTArchitecture&Design Research、フロリダのFrenes Design Studio、ニューヨークを拠点とするSpace Architectsによって設計されたCreedのマディソンアベニューストアは、ランドマーク的な建物内にあり、モダンなひねりを加えたクラシックな魅力を持つことを目的としています。ハイライトには、スペース全体の白い大理石とステンレス鋼、高い天井と鏡張りの壁が含まれます。

感謝祭の週末に予定されているオープニングは、クリードの250周年を祝うためにちょうど間に合うように来る予定です。香水ハウスは、アーカイブから特別限定版のフレグランスをリリースするというマイルストーンを記念しています。ウィンザーと呼ばれるこの香りは、1936年に大英帝国で栽培された原料から、ウィンザー公としても知られるエドワード8世のために作成されました。

エドワードの人生と彼が支配した地域に触発されたウィンザーは、英国のジン、ジャマイカのライム、スコットランドの高地の松のトップノートを特徴としています。ウィンザー公爵のバラの心臓部であり、カナダとオーストラリアのユーカリの杉であるバハマオレンジのベースです。フレグランスは、1.7オンスの2つのサイズで提供されます。飛散防止用に設計された405ドルの革巻きボトルと8.4オンス。レーザーで番号が付けられ、OlivierCreedによって署名された小瓶。605ドル。