フェラーリ488スパイダー

フェラーリは、格納式のハードトップルーフを備えたミッドリアエンジンのV8車を搭載した488スパイダーの発売を発表しました。

アルミニウム製のスペースフレームシャーシとボディシェル、新しいターボチャージャー付きV8エンジン、およびオープントップカーの特定のキャビンエアフロー要求に加えて、より大きなダウンフォースの必要性と抵抗の低減を両立させる空気力学で作られています。テクノロジーファンのために、488スパイダーはビークルダイナミクスを備えており、高速で機敏で瞬時に応答します。



488スパイダーは3902ccのターボチャージャー付きV8を搭載し、最大出力は670 CV、最大トルクは3000rpmで760Nmで、488スパイダーは3秒フラットで0から62 mp / hまで全力疾走します。驚いたことに、V8は、以前の自然吸気V8よりも100 CV強力であるだけでなく、CO2排出量も少ないため、効率的なエンジンでもあります。



488スパイダーは9月のフランクフルト国際モーターショーで発表されますが、今日から新しいブルコルサのカラーリングで完成するのを見ることができます。 www.ferrari.com