修正し、シャープに見える:フォーマルドレスの新しいルール

これまで以上にカジュアルな服装の時代に、 ビジネスドレスはもっとリラックスしています 仕事と遊びの境界線が曖昧になっているため、フォーマルな服装はますます関連性が低くなっていると結論付けたくなります。ドレッシングの方向は上向きではなく下向きです。少なくとも、ある時点まで–適切なド​​レスアップが行われる時点まで 'スマートカジュアル' 、まだ必要です。これらの機会–それでも 結婚式 または就職の面接–少ないかもしれませんが、それはあなたがTシャツとトレーナーに夢中になることができるという意味ではありません。

まさにその言葉-公式のように正式な-はそれを与えます。それらは解釈に対してよりオープンであるかもしれませんが、ルールは依然としてルールであり、他の人々にとって、状況の慣習に対して、尊重は尊重です。ここに、すべての現代の紳士が従うべきガイドラインとディクタットがいくつかあります。



フィットする

BOSS Made to Measure

フォーマルに着用するものが何であれ、適切にフィットすることを確認してください。既製服の仕立ては、他の種類の衣類と同じように、標準的なサイズで提供されます。しかし、カジュアルウェアはさまざまな形をとることができますが、スーツはできません。したがって、オーダーメードに投資することに価値が見当たらない場合、あるいは オーダーメイド 、少なくともスーツをできるだけシャープにフィットするように変更してください。



袖と脚の長さは簡単にできます。胸さえも変えることができます。不可能な(または少なくとも非現実的な)のは、ジャケットが肩にどのようにフィットするかです。したがって、スーツを選択するときは、最小限でもそこにうまく収まるようにしてください。

エチケットを守る

場合によっては、フォーマルドレスだけでなく、特定の種類のフォーマルドレスが必要になります。ホワイトタイやモーニングドレスの需要は、ほとんどの人にとって、一生に一度の電話かもしれませんが、多くの機能は依然としてブラックタイを要求します。もしそうなら、着る 黒のネクタイ :黒/ミッドナイトブルーのディナースーツ、蝶ネクタイ、白のドレスシャツ、黒のドレスシューズ。これは自分を表現する機会ではありません。それはあなたがその機会の形を尊重できることを示す機会です。



ただノーと言おう

好むと好まざるとにかかわらず、フォーマルな着こなしは、何よりも、確かにゆっくりと進化する一方で、何十年にもわたって社会によって設定されてきたテンプレートへの着付けに関するものです。それは、それを打ち負かそうとすることよりも、このテンプレートにあなたの個性を含めることです。ぜひ、あなたがあなただと言えるような微妙な詳細を探してください。しかし、あなたが何をするにしても、仕掛けや目新しさに滑り込む誘惑を避けてください。あなたはそのミッキーマウスのネクタイでテンプレートを破壊しようとすることで際立っています。残念ながら、あなたはすべての間違った理由で目立ちます。

黒を避ける

チャネル

黒は摂政時代後期以来のフォーマルな服装の典型的な色合いでした。それはすべての紳士が着ていたものでした。しかし、それは過去形です。黒はまだディナードレスに不可欠かもしれませんが、最近はフォーマルな服装では避けるべきです。ホテルのスタッフとナイトクラブの用心棒を非難する–黒いスーツは、ホスピタリティ業界の役人の正式な選択として採用されました。ミッドグレー、チャコールグレー、ネイビーなど、フォーマルなメンズウェアパレットのクラシックにこだわる必要がありますが、暗いものは避けてください。

フィットするドレス

あなたはドレスアップしていますが、正確には何のためにドレスアップしていますか?すべての正装の機会には独自の文化的背景があり、それに合う場合はこれに注意する必要があります。レストランでの親しい友人の親密な集まりの周りの結婚式は、500の場合とは異なる程度の形式が必要です。大聖堂のゲスト。さまざまな企業や職業には、独自の形式的な概念があります。たとえば、銀行は、必然的にテクノロジー業界よりも保守的です。あなたが服を着ている群衆のために服を着せなさい。



硬いとは思わない

フォーマルな服装は、時代劇に出演しているように服を着る必要があるという意味ではありません。あなたの祖父は優れたお手本かもしれませんが、あなたがそうすることを選択した場合でも、現代的な方法でドレスアップすることはかなり可能です。 ファッショントレンド –たとえば、比例またはカットの季節実験は避ける必要があります。しかし、徹底的な古典主義の良い価値を支持しない限り、それはボタンの留め具、襟の幅、ズボンの上昇などのタイムリーな詳細に注意を払うことも意味しません。

セパレートを試す

Suitsupply

フォーマルな服装は必ずしも スーツ 。男性は、女性が何世代にもわたって知っていることを徐々に理解するようになっています。 分離する フランネルのズボンと鋭いブレザーが示すように、まだスマートです。ただし、セパレートを着用する場合は、セパレートを確認してください。ほぼ同じ色合いでほぼ同じ生地のズボンとジャケットを選ぶと、スーツを着ようとして失敗したように見えます。代わりに、補完的であるが一致していないと考えてください。

小さなものを汗をかく

衣服がもたらす楽しさと自己表現を楽しむ男性にとって、フォーマルな服装は非常に制限されているように見えることがあります。これは、規則や規制、期待や基準についてのすべての話です。しかし、あなたが地味なスーツを着なければならないという理由だけで シャツとネクタイ これらの前提条件が、個人的な選択をする余地がないという意味ではありません。スーツを選ぶときは、たとえばテクスチャを考慮してください。布は豊富にあり、すべて独自のキャラクターがあります。または色–ネイビーとグレーの無数の色合いがあります。そして細部を考慮してください:襟の形、プリーツ、ドレープ。あなたがまだ発言権を持つ機会はたくさんあります。

複雑にしないでおく

スーツが暗く、率直で、非常によくフィットする場合は、ドレスシューズとネクタイ付きのドレスシャツを着用しています。スーツを着用している場合は、常にネクタイを着用する必要があるためです。すでに着ています。ほとんどの場合、フォーマルなドレッシングのホームストレート。複雑ではありません。フォーマルな服装に関しては、少ないほうが多いので、余分なもので船外に出ることは避けてください。 時計チェーン 、ネクタイピン、派手なカフスボタン、ボタンスタッドはすべて、もちろんラズマタズを追加しますが、同様に、すっきりとした整頓されたシルエットの大きなインパクトを損なうことがよくあります。簡単に行くことができるフォーマルな服装に落ち着き、ドレスアップする必要もそのような束縛を感じることはありません。

一貫性を保つ

フォーマルな服装は、適切なスーツを着るだけではありません。それをして、ネクタイを持てないシャツやトレーナーのペアと一緒に着用するのは良くありません(どんなにファッショナブルであっても、トレーナーは真のフォーマルドレスでは歓迎されません)。完璧な仕立てをして、その上にアノラックを置くのは良くありません。または、それらすべてのフェスティバルバンド(それらを外す)、またはその頭蓋骨のイヤリング(それを外す)をまだ着用できると考えています。あなたはおそらくしないでしょう 野球帽をかぶる フォーマルな服装でも–直感はそれが場違いだとあなたに言うでしょう。フォーマルドレスを着るすべての人に同じ配慮が必要です。全体的に考えてください。