AïssaLogerotによるHalo

グラフィティアートをテーマにしながら、パリを拠点に活動するデザイナー、アイッサ・ロジェロットを紹介したいと思います。グラフィティアートはしばしば否定的な見方で描かれ(駄洒落を許します)、それに直面することができます。彼らの作品に「キャンバス」を選んだグラフィティアーティストの中には、当然のことながら間違った方法で人々をこすりつけている人もいます。 AïssaLogerotは、LEDライトとライトライティングの助けを借りて、落書きが目立たないように実行されることを発見しました。

ほぼ100年前にパブロ・ピカソが採用した方法であるライトライティングは、シャッタースピードを遅くして光源の動き全体を捉える写真技術です。 Haloは、ライトライティング専用の「スプレー缶」のLEDライトです。グラフィティアーティストは、通常のスプレー缶を使用するのと同じ方法で書くことができます。アーティストは、Haloのノズルを変更することで、光の色と強度を変更することもできます。



Haloスプレーは、グラフィティライティングの芸術に真の敬意を払うことができます。従来のスプレー缶の場合と同じように、光が不足しているときは、缶を振るだけでLEDの活気が新たになります。