化粧品業界の持続可能性に関する国際サミット

美容業界の持続可能性に焦点を当てた新しい一連の国際サミットがOrganicMonitorによって発表されました。持続可能な化粧品サミットの目的は、持続可能性、自然、有機、フェアトレード、エコロジカル製品に関して美容業界が直面する主要な問題をカバーすることです。

有機製品産業に焦点を当てた研究およびコンサルティング会社であるOrganicMonitorは、化粧品の持続可能性とグリーンケミストリーに関する一連の国際サミットを開始します。初開催のサミットは、2009年11月16日と17日にフランクフルト(ドイツ)で開催されます。



初版の主なテーマは、市場と業界の発展、持続可能性とCSRのベストプラクティス、そしてグリーン処方の開発です。コレスナチュラルプロダクツの創設者兼最高経営責任者であるジョージコレスは、「自然化粧品を通じて持続可能な未来を築く」というタイトルの開会の挨拶でサミットを開始します。他の講演者には、ヴェレダやラベラナなどの自然化粧品会社の代表者が含まれます。



サミットのオープニングセッションでは、世界の自然化粧品業界に関する最新情報をお届けします。 OrganicMonitorのディレクターであるAmarjitSahota氏は、天然および有機化粧品の世界市場における最新の数字を紹介し、主要なトレンドと開発に焦点を当てます。その後、主要な認証機関によって国際的な天然および有機化粧品基準に関する最新情報が提供されます。ラテンアメリカとアジア太平洋地域の新しい標準も紹介されます。

化粧品の食材は、サステナブル化粧品サミット初日のワークショップのテーマです。 「天然および有機化粧品に対する消費者の高い需要により、多くの製品開発者は化粧品原料を台所のテーブルに頼るようになっています」とOrganicMonitorは主張しています。ワークショップでは、食品原料が提供する機会を検討し、技術的および配合上の課題に焦点を当てます。