新しいプレイステーション4…?

前回の「類人猿」の貢献からしばらく経ちましたので、これは最も類人猿のような活動の1つであるコンソールゲームテクノロジーに捧げられています。男性がどれほど際立っているか、上品に見えるかに関係なく、コントローラーを手に置き、「Pro Evo」を画面に配置すると、やがて彼は元の自分に戻ります。画面上のプレーヤーに入札を行うように呼びかけ、最終結果を期待してブラウン運動で必死にボタンを押します。プレイステーション4のコンセプトを紹介します。

タイキエムによって設計されたこの新しいコンセプトのプレイステーション4は、バング&オルフセンの外観に似ており、ロタリオのペントハウスと同じように、ゲンツの邸宅でも同じように見えます。 Chiemのコンセプトは、タッチスクリーンパネルがガラスに統合された、現在のモデルのはるかに触覚的なバージョンを示しています。コンソールには、システムの心臓部を囲む変更可能なリングも備わっているため、ユーザーの仕様に合わせてカスタマイズできます。



うまくいけば、このコンセプトが実際に本番環境に組み込まれるでしょう。コンソールがオフの場合のみですが、ゲームにより優美なイメージをもたらすのに役立ちます。