スウェーデンのオスカー:ニューヨークの洗われた春

彼らのニッチ、彼らの専門知識を磨く彼らの専門分野を持っている特定のブランドがあります。スウェーデンのオスカーの場合、彼らの専門知識はシャツです。

「群衆から目立つシャツについては、常に多くの話題があります。春と夏のコレクションでは、シンプルなクラシックと上質な生地で基本に立ち返ります。」–Åhmanあたり、スウェーデンのオスカーのCEO。



「Beautyfromthe Inside」AW11コレクションが多くの賞賛を受けた2011年の成功に続き、ボロースを拠点とする家族経営の会社は、スウェーデンのオスカーによって洗われたというタイトルの範囲で新しいシーズンに直面しています。丈夫な生地の柔らかいシャツに重点が置かれています。この新しいコレクションは、「シンプル」、「クラシック」、「着用」などのキーワードを使用して意図的に作成されています。シャツには4種類の生地があります。オックスフォード、ボイル、デニム、リネン。



「私たちは適切な生地を見つけるために多くの時間を費やしてきました。素材はヴィンテージ感があり、シャツに使用感を与えます。その後、シャツは適切な感触を得るために洗浄されています。初めて使ったときから、お気に入りのシャツのように感じるはずです。」 –Åhmanあたり、スウェーデンのオスカーのCEO。

過去2年間、スウェーデンのオスカーはシャツの品質とデザインを改善するために大規模な投資を行ってきました。それは確かに示されています。



www.oscarofsweden.se

スウェーデンのオスカルについて
スウェーデンのオスカーは家族経営の会社です。 1949年にスウェーデンのボロースで設立され、小さな地下室から運営されていました。シャツのみに焦点を当て、同社は長年にわたって徐々に大きくなり、現在では世界中の多くの国で販売されています。スウェーデンのオスカー– 1949年以来シャツのみ。