レビュー:資生堂メントータルリバイタライザー

1872年、資生堂の物語は、日本が伝統のある文化に特徴づけられていた時代に、福原裕信(元日本海軍主任薬剤師)が開業した日本初の洋風薬局で始まりました。当時日本で起こっていた近代化の代表である資生堂の新しいアプローチは、資生堂の成長が並外れたものであることを保証する日本の王族とエリート社会の間で多くの求婚者を獲得しました。

簡単な歴史のレッスンをお詫びしますが、現代では歴史に覆われた化粧品ブランドを見つけることはめったにありません。実際、その点で資生堂は独立しています。資生堂は世界最古の化粧品会社(1。 ウィキペディア。資生堂の不思議なところは、その規模にも関わらず(世界第4位の化粧品会社(2。 ウィキペディア ))そして伝統、それはまだ「ニッチ」スキンケアブランドのオーラを維持することに成功しています。確かに珍しい特性。



これは主に資生堂が「当社の製品の品質と有効性がそれを物語っています」そして彼らは間違いなく「話す」のです。



資生堂メンズトータルリバイタライザーを試してみました。

「肌に活力を与え、乾燥、くすみ、細い線、その他の目に見える老化の兆候に逆らう能力を加速する高性能クリーム。」



どのように機能しましたか?保湿剤の画像をよく見ると、浴槽が空であることがわかります。これは、それ自体がかなり正確な指標だと思います。保湿剤は、私が最近出会ったほとんどのものとは異なります( リアスキンケア 非常に軽量で、すぐに肌に吸収されることをほとんど拒むという点で、偶然にも日本語です。しかし、持つ価値のあるほとんどのものと同様に、忍耐が鍵となります。保湿剤を押し込むのではなく、顔にやさしくマッサージし、保湿剤をそのままにして吸収させます。

テクスチャーはとても軽いので、もっと塗る必要があるように感じますが、数日使用するとすぐに投与量が完成します。このほとんど空気のような感触にもかかわらず、保湿剤は驚くほど弾力性があり、私の乾燥した(より)肌を比較的簡単に扱いました。まるで保護層が肌の上に形成されているかのようで、一日中再塗布する必要はありません(もちろん顔を洗わない限り)。

結果として、保湿剤の軽い性質はあなたの毛穴が呼吸することを可能にし、それは透明で斑点のない肌を助長します。ツヤがなく、肌にやや輝きを与えます。非常に脂性の肌の人にどれだけ適しているかはわかりませんが、乾燥した、わずかに脂性の、または通常の肌タイプの人には確かに、私は何の問題も予見できません。彼らの言葉で:



「肌の自然な力を最大限に引き出し、活力を維持します。疲れた肌に新しい命を吹き込みます。」

その説明については本当に議論することはできません。私が今言ったことをほぼ要約しています。