すべての人がシグネチャースタイルを開発する必要がある理由

スタイルの問題は、それがファッションとは何の関係もないということです。ファッションに追いつくことに関心のある男性は、ファッショナブルであると見なされているため、スタイリッシュではないことがよくあります。デフォルトでは、それらはクローンまたはピエロのように見える傾向があります。ファッションに惜しみなく従う男性にとって、体の形、年齢、または態度を考えると、すべてのファッションが実際に自分に合っているわけではないことにも通常気づいていません。確かに、スタイルは個人のマークです。すべての男性が個人として目立つことを望んでいるわけではありません。しかし、本当のスタイルは常に穀物を切ることを意味します。

これは、「シグネチャースタイル」と呼ばれることが多いものを見つけるというさらに大きな問題に対するかなり大きな警告です。スタイルの感覚だけでなく、完全に自分自身のスタイルの感覚です。調香師がシグネチャーの香りについて話すのと同じように、彼らは通常、あなたが本当に好きなものを見つけることを勧めますが、それから逸脱することはほとんどありません。その香りは、あなたの存在を表す感覚的なコーリングカードになります。あなたがそれによって認識されるようになるような、ある種の衣服、または特定の方法の衣服を身に着けている。または、人々があなたを想像するとしたら、彼らはあなたがそれを着ていると想像します。これは、次に何を着るかを人々が推測できないカメレオンスタイルの反対です。これは、見た目を変える規則性です。



シグネチャースタイルとは何ですか?

ほぼ定義上、シグネチャースタイルでは、機能面で、あなたが本当に好きで、本当にあなたのために働くものを身につける必要があります。それはまた、シフトに関係なく、 トレンド 実際、トレンドを故意に拒否することで、あなたにぴったりであり、あなたが誰であるかを表現します。この目的のために、署名スタイルを見つけるための最初の戦いは、あなたが誰であるか、そして何があなたのために働くかを知ることです。それは単にドレスアップすることではなく、確信を持って自分自身のように完全にドレスアップすることです。それは口で言うほど簡単ではありませんが、自分の署名スタイルを見つけようとしても、そうするまでの道のりは長くなります。そして、間違いなく、そうすることで安心です。教祖が自分自身を見つけ、内なる悟りを達成することについて話すならば、これはあなたの仕立ての自己、つまりワードローブの悟りを見つけることです。



Messrs McQueen、Dean、Brandoなどのアイコンはすべて、男性のワードローブ内の重要な部分に永遠にリンクされている独特のシグネチャースタイルを開発しました。

このスタイルはドレッシーである必要はありません。使い古した生のセルヴィッチジーンズやヴィンテージのスニーカーを身に着けることへの熱心な献身が特徴であることがわかるかもしれません。そして、それがよりドレッシーであるならば、それは手付かずである必要はありません:いくつかのサークルでは、「キツネ」の襟付きのシャツ(わずかにしかし目に見えて端に着用されています)は特定のカシェを運びます。また、大胆である必要はありません。ここでは、ミニマリズムが最大と同じくらい効果的です。そして、それは細部から始めることができます。フレッド・アステアは、ベルトの代わりに、ネクタイを使ってズボンを持ち上げ、ループに通し、さりげなく片側に結びました。それは今日の多くの男性にとっては風変わりすぎて実行できませんが、フレッド・アステアがそのことを覚えていたことは間違いありません。余談ですが、もちろん、フレッド・アステアであるためです。

シグネチャースタイルは、 軽蔑 :ジャンニ・アニェッリは通常、 ボタンダウンカラーのシャツ 、ただし、ボタンは常に元に戻されたままになります。しかし、それはそれほど自己意識的に考える必要はありません。署名スタイルはいつものようにシンプルにすることができます スーツを着ている 特定の色合いで、または常にモンクストラップの靴を履いている、またはあなたなしではめったに見られない 信頼できる野球帽 。またはなし 真面目なあごひげ 。たとえば、ビル・ナイのスタイルについて最初に頭に浮かぶことは何ですか?おそらく彼の重いスペック。それともイアン・マッケラン?華やかなスカーフに対する彼の好み。それとも故スティーブ・マックイーン?彼のハリントンとオートバイのジャケット。いずれの場合も、彼らはそれを所有しています。



イアン・マッケランは、軽量で柄物のスカーフで有名になりました。彼は、TheRakeによるこのような写真撮影でそれらを身に着けることさえしました。

これは文字通り毎日同じ服を着ることについてではありません。より正確には、シグネチャースタイルは通常、めったに着用されないワードローブのすべての服ではなく、実際に最も頻繁に着用する外観を反映しています。それは焦点をもたらし、あなたがそれから遊ぶことができるテーマの周りに合体します。その結果、単に同じ古い同じ古いものを着るのではなく、シグネチャースタイルを見つけるには時間と労力がかかります。これは、色、形、比率、アクセサリー、身だしなみについて、少し考えて少し実験する必要があるプロセスです。言うまでもなく、シグネチャースタイルの開発に最も成功したのは年配の男性である傾向があります。おそらくそれは、ファッショナブルに見えることにあまり関心がないためか、人々が考えていることを気にしないことを学んだためか、単に実験して好きなものを見つけるのに時間がかかるためです。

なぜわざわざシグネチャースタイルを開発するのですか?

まあ、ある意味で、シグネチャースタイルは時間の節約であり、おそらく少し怠惰です。特定の方法で服を着るというプレッシャーから解放されて、同じような服装を着ることができます。むしろ、あなたはただのように服を着ます君は。これはスティーブ・ジョブズのようなものが認識したものです。常に黒いタートルネックを着ていた男性は、創造的なドレッシングの模範ではなかったかもしれませんが、彼には署名がありました。特にファッションデザイナーが受け入れているのは、ファッションの変化に絶えず襲われ、それがもたらす役割を果たしているという考えです。個人的には、ファッションの変化からすべてを統一することがよくあります。ジョルジオアルマーニのネイビーのTシャツとそれに合うズボンは、やはり想像力に富んだものではありませんが、彼の有名なスタイルになっています。 Ditto Alexandre Mattiussiの控えめなモノコームパレット。多くの場合、彼のシグネチャーレッドビーニーで区切られています。これは、彼の季節のコレクションの主力にもなっています。その間、ポール・スミスはいつもスリムで長いラインのネイビースーツを着ています。

AmiのAlexandreMattiussiは、ドレッシングをするときに、暗いモノクロのパレットに固執することがよくあります。

そして、それがシグネチャースタイルの本当のポイントです。これは、ブランド時代のパーソナルブランディングの一形態であり、ますます視覚的になっています。これは、当然のことながら、世間の注目を集めている場合に役立ちます。しかし、あなたがジョー・アベレージでもあるなら、それは貴重なものであるという議論があります。一つには、それはあなたが突然少し平均が減ったことを意味するでしょう-あなたはあなた自身の男です。でも二人はみんな個人になりたいですよね?私たちは皆、21世紀の品質の最も需要のあるもの、つまり真正性を望んでいます。そして、やがて署名スタイル(または、最初からあるかどうかさえわからない場合は最初から開発する)は、まさにその最も明確な表現の1つです。あなたはあなたのように見えることはありません。