ウィンザー–クリードの新しい限定版フレグランス

クリードは、最新の限定版フレグランスであるウィンザーを発表しました。ウィンザーはもともと、大英帝国で栽培された食材からイギリスのエドワード8世のために1936年に作成されました。

クリードによれば、この香りは「1936年1月に陛下のために作成され、ウィンザーは12月に配達され、王はアメリカの離婚者ウォリスシンプソンと結婚するために王位を辞めました。ウィンザー公爵として知られる元王は、パリに住んでいたイギリスから去り、パリからパームビーチ、モンテカルロ、ニューヨーク、ハリウッド、カンヌまでの国際的な社会シーンで主演した彼と彼の妻がこの香りを身に着けていました。 」



材料には、英国のジン、ジャマイカのライム、スコットランドの高地の松が含まれています。ウィンザー公爵のバラはミドルノートです。ベースノートは、バハマオレンジ、カナダ産の杉、そしてオーストラリア産のユーカリを少しずつ加えたものです。



ウィンザーは飛散防止1.7オンスでご利用いただけます。革巻きボトル(405ドル)。また、8.4オンスで提供されています。レーザーで番号が付けられ、第6世代のマスター調香師Olivier CREED($ 605)によって署名されたデカンター。米国では320本のボトルと70個のデカンターのみが提供され、12月にサックスフィフスアベニューの一部の店舗と、ニューヨークの794マディソンアベニューにある新しいクリードブティックに到着します。